つくつくぼうしのブログ

つくつくぼうしのブログです。

忍者になれない男

私は実家に帰省するたびに、3メートルのヒマラヤ杉の枝や4メートルに伸びた棕櫚の葉などの手入れをしています。

秋になれば、桜の葉が落ちたあとによじのぼって枝をはらいます。

 

この夏、帰省した私は、さっそく植木の手入れをしました。

 

いつものようにうちの飼い猫が野良猫に追いかけられ、腰を抜かしてもどってきた姿を木の上から見て、へらへら笑っていました。


そんなときに母親の声。
「ちょっと屋根の上を見てよ。困ったことになったのよ」


「どうしたの?」
屋根を眺めると、古い平屋の瓦屋根のてっぺんから、なんと50センチもあるペンペン草が空に向かって伸びています。


「なんなの、あれは?」
「瓦を突き破って伸びてきちゃったみたいなのよ。あれ取りたいのよね。みっともないじゃないの」

たしかにサザエさんの波平さんみたいになっています。


「取るってどうすんの?」
「屋根にのぼるのよ、あんたが」
「えっー?!」


実は私は高所恐怖症なのです。不思議なことに、3、4メートルくらいの木なら何ともないのですが、それ以上となると足がすくんでしまうのです。


「だって、足場がないじゃん。どうやって屋根にのぼるの?」
「カーポートの屋根からよじ登っていくのよ。前に瓦を直してもらったときに、職人さんがそうやって登ってったよ」


「オレは職人じゃないんですけど……」
こまったことになりました。私しかいないのだから、やるしかないのです。

 

 

 

広告を非表示にする