読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくつくぼうしのブログ

つくつくぼうしのブログです。

ペンペン草を抜きに行く

前回の続きです。古い平屋の瓦屋根のてっぺんから生えてきた「ペンペン草」を、母親に頼まれて抜きに行くことになった私。

 

こんなとき、アクション映画のワンシーンを思い出します。


主人公と悪役が取っ組み合って、ビルの上から落ちる。カーポートの屋根に派手に転落して、ズボッと人型に通り抜けて、さらに下へ転落のパターン。


でも、私の実家のカーポートの屋根はグニャグニャの素材。しかも、その下はコンクリート


「大丈夫だよ。屋根は危ないけど、支えになってる鉄骨のところを這っていけばいいんだから」


母はなんともないように言いますが、私が乗ったとたん、鉄骨はグラグラと派手に揺れます。よく見てみれば、鉄骨ではなく、硬いアルミ。

 

そもそも人が乗ることなんて想定外のはず……。

 

「だいじょうぶ、だいじょうぶ!」


説得力のない母の声を背中に受けて、カーポートを這って屋根のはしのほうへ向かいます。


あっ、これはさっき見た腰砕けの飼い猫、ミーにそっくりだ……。


いつのまにか、母の横にきていっしょに見物しているミーもニヤニヤ顔。なによ、そのへっぴり腰は、フフフ……。


バリバリ、メキメキ……カーポートの屋根が悲鳴をあげます。


這いつくばって、前進、また前進。


まだ屋根瓦の端にもたどりつけません。真夏の太陽がじりじりと私を照りつけていました。